Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の口コミ集客【超効率化】ガイド
Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の口コミ集客【超効率化】ガイド » WEB担当なら知っておきたいMEO対策とは » MEO対策の
キーワード選定方法

MEO対策の
キーワード選定方法

目次

MEO対策する上で、キーワード選定は非常に重要なポイントになります。
キーワード選定を間違えると検索結果で上位表示させるのが難しくなることもあるので、注意が必要です。
ここでは、MEO対策のキーワード選定方法をご紹介します。

MEO対策に向いている
キーワード

MEO対策とは、Google検索やGoogleマップの検索結果で上位表示されるために行う施策のこと。特定地域の店舗を上位表示させるためのものなので、「ローカルSEO」とも言われています。
以下ではこの性質を踏まえ、MEO対策に向いているキーワードキーワードについてご紹介します。

地域名を含むキーワード

MEO対策するときのポイントは、「地域名+店舗」のセットでキーワード選定することです。
例えば、新宿にあるラーメン屋なら「新宿 ラーメン屋」というキーワードを選定します。こうすることで、「新宿でラーメン屋を探しているユーザー」をターゲットにすることができるのです。

検索ボリュームが少ないキーワード

検索ボリュームの多いキーワードから順番に「ビッグワード」「ミドルワード」「スモールワード」といいます。ビッグワードは検索数が多いので、上位表示されたら集客効果が大きくなるものの、その分競合が多くて難易度が高くなります。
一方、スモールワードは検索ボリュームが少ないぶん競合も少ないため、上位表示されやすいのが特徴です。そのため、上位表示されやすいスモールワードを対策することも大切です。

競合が少ないキーワード

検索結果で上位表示させるなら、競合が少ないキーワードを狙うと良いでしょう。
検索ボリュームの少ないスモールキーワードを探したり、実際に対策したいキーワードで検索して競合の数を調査したりしてください。

広告費が高いキーワード

キーワードの広告費が高い理由は、需要があって集客に向いているためです。つまり、広告費が高いキーワードを対策して上位表示できれば集客アップに繋がるということが言えます。
リスティング広告やローカル広告で費用が高いキーワードを探し、キーワード選定してみてください。

MEO対策に向かないキーワード

MEO対策はGoogle検索やGoogleマップで検索したときに上位表示させる取り組みなので、「地域名を含まないキーワード」や「自分のビジネスと関連のないキーワード」はMEO対策に不向きです。 地域名が含まれていないと、検索エリアが絞れないので上位表示が難しくなってしまいます。例えば「ラーメン屋」、「パン屋」などのキーワードでは検索エリアが絞れないので、必ず「ラーメン屋 新宿」のように地域名を含めるようにしましょう。

また、ビジネスとキーワードの関連性がなければ上位表示はされないでしょう。ビジネスのカテゴリー分けが難しい場合もありますが、その場合は一番近いジャンルのキーワードを選びます。例えば、エステサロンを経営していて、エステの他にネイルや小顔矯正などの施術をしている場合はジャンル選定に悩んでしまうかもしれません。この場合のキーワードは「美容サロン」よりも「エステサロン」の方がおすすめです。

まとめ

MEO対策を考えるうえでキーワード選定は非常に重要です。上位表示を狙うなら、基本的に検索ボリュームや競合が少ないものを選び、必ず地域名を含めてください。地域名が含まれていなかったり、関連性のないキーワードではMEO対策の効果が発揮されません。
検索結果で上位表示されるように、キーワード選定は慎重に行いましょう。

MEO対策について詳しく知る

目的別!
Googleビジネスプロフィールの

口コミ集客超効率化ツール3選
自分の店をGoogleマップで上位表示させるには、
口コミ収集が必須と言っても過言ではありません。
Googleビジネスプロフィールの口コミ収集に役立つツールを目的別にご紹介します。
少数店舗向け口コミ機能重視
質の高い口コミを
多く集めたいなら
ロカオプ
株式会社ロカオプ公式HP
画像引用元:株式会社ロカオプ公式HP
https://locaop.jp/
  • 店舗予約機能
  • 口コミ管理
  • 口コミ
    促進ツール
  • アンケート
    機能
  • SNS連携
主な機能
高評価のアンケート内容を
口コミとして投稿可能
QRコードからの
簡単入力フォームで投稿促進
予約客に自動で
リマインドメールを送信

ロカオプの機能詳細を
公式HPで見る

ロカオプに問い合わせる

ロカオプの特徴を
もっと見る

多店舗向け管理機能重視
複数の店舗情報を
一括更新したいなら
Canly
Canly公式HP
画像引用元:Canly公式HP
https://jp.can-ly.com/
  • 一括投稿機能
  • 一括予約投稿機能
  • 予約投稿機能
  • 口コミ管理
主な機能
全店舗の情報を
一括で管理・投稿可能
Googleビジネスプロフィール、SNS、公式HPの
情報を一括で更新
業務時間外でも投稿できる
予約投稿機能

Canlyの機能詳細を
公式HPで見る

Canlyの特徴を
もっと見る

多店舗向け口コミ機能重視
多数の口コミ投稿に
自動で返信したいなら
Janus
Janus公式HP
画像引用元:Janus公式HP
https://www.promost.co.jp/janus-gmbtool/
  • 一括予約投稿機能
  • 一括画像登録機能
  • 口コミへの
    自動返信
  • 口コミの
    自動取得
主な機能
口コミを評価の度合いに
合わせて自動返信
数百のアカウントを
グループ分けして管理可能
「写真」の
一括アップロード機能

Janusの機能詳細を
公式HPで見る

Janusに問い合わせる

Janusの特徴を
もっと見る

【選定基準】
ロカオプ:「MEO 業者」で検索し表示された上位48業者のうち、Googleビジネス プロフィールに対応した自社ツールを保有している14種から、口コミを効率よく集められるアンケート機能とSNS連携機能を搭載しているツール。
Canly:「MEO 業者」で検索し表示された上位48業者のうち、Googleビジネス プロフィールに対応した自社ツールを保有している14種から、一括投稿機能と一括予約投稿機能を搭載しており、店舗導入実績がもっとも多いツール。
Janus:「MEO 業者」で検索し表示された上位48業者のうち、Googleビジネス プロフィールに対応した自社ツールを保有している14種から、「写真」の一括アップロード機能と口コミへの自動返信を搭載しているツール。
(※2022年1月25日時点)