Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の口コミ集客【超効率化】ガイド
Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の口コミ集客【超効率化】ガイド » WEB担当なら知っておきたいMEO対策とは » Google
ビジネスプロフィールで
守るべきガイドライン

Google
ビジネスプロフィールで
守るべきガイドライン

目次

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)には、守るべきガイドラインがあります。ガイドラインに違反すると、信頼を失ったりアカウントが停止されてしまったりする可能性があるので注意が必要です。
こちらでは、Googleビジネスプロフィールで守るべきガイドラインについて紹介します。

Googleビジネスプロフィールの
「ビジネス説明」の
ガイドライン違反

ビジネス説明とは、店舗がどのような商品やサービスを提供しているかなどを記載するものです。登録は必須ではありませんが、登録しておいた方が集客アップにつながるでしょう。ビジネス説明の内容は、ガイドラインに沿って記載する必要があります。
以下では、ビジネス説明のガイドライン違反についてご紹介します。

誤解を招く情報の記載

不明確な情報や根拠のない表現など、ユーザーの誤解を招く情報を記載してはいけません。
たとえ意図的ではなかったとしても、誤解を招く情報はGoogleやユーザーの信頼を失ってしまいます

低品質でキーワードと関連性のない
情報の記載

キーワードと関連性のない情報は記載しないようにしましょう。よく検索されているキーワードを入れてクリック率を高めようとしても、全く関係ない店舗の情報が出てきたらユーザーは困惑してしまいます

特典・キャンペーンなどの情報の記載

「今なら半額」「2点購入で20%オフ」など、特典やキャンペーンの情報は記載してはいけません。特典・キャンペーンは期間が決まっているので、期間が過ぎているのに記載されたままだと嘘の情報になってしまいます。そのため、特典・キャンペーンの情報をビジネス情報に記載するのは禁止されているのです。

リンクを含む情報の記載

ビジネス情報にリンクを記載すると警告文がでてくるので、そもそもリンクを含む情報は記載できません。

不快と思われる情報の記載

差別や性的な内容、侮辱的な言葉など、ユーザーに不快感を与える情報を記載してはいけません。

危険・違法・虐待に関する情報の記載

違法なことや虐待に関する情報などを記載してはいけません。ビジネス情報に限ったことではありませんが、不快な情報を記載するメリットはありません。アカウントが停止されてしまうこともあるので注意しましょう。

Googleビジネスプロフィールの
「名前」のガイドライン

名前に検索キーワードを入れてはいけません。たとえば「渋谷 ラーメン おすすめ」というキーワードの検索ボリュームが多いからといって、店舗名を「渋谷のおすすめラーメン」などにしてはいけません。

また、店舗名を変更したのに旧名のままになっていたり、店舗名が統一されていなかったりするのもNGです。よくある間違いとしては、店舗名が「ABC」なのを「エービーシー」と記載すると統一されていないことになります。

同住所のアカウント重複の場合のガイドライン

「複数の担当者がアカウントを作成した」「第三者が知らぬ間にアカウントを作成した」などの場合も、ガイドライン違反になります。
ただし、「同住所でビジネスが異なっているため、アカウントを複数作成した」場合は、違反にはなりません

口コミのガイドライン

虚偽の口コミ

当たり前のことですが、虚偽の口コミをしてはいけません。
誰かに指示された内容で口コミをしたり、店舗を訪れていない人が口コミしたりするのもNGです。

サービスを提供して
口コミを書いてもらう

「口コミを書いたらプレゼントを差し上げます」「口コミしたら10%オフ」など、サービスを提供して口コミを書いてもらうのはガイドライン違反です。ただし、口コミしてもらうようにお願いすることは違反にならないので、口コミ投稿用のQRコードが書かれたポスターやチラシを設置するなど工夫してみましょう。

Googleビジネスプロフィールで
口コミを増やす方法をみる

ガイドライン違反による
ペナルティ

アカウント登録の審査が通過できない

ガイドラインに違反していると、アカウント登録の審査に通過できません。
登録ができない場合は、ガイドラインをもう一度見直してみましょう。

アカウントが停止になる

ガイドラインの違反が判明すると、アカウントが停止されて検索エンジンやGoogleマップに掲載されなくなります。集客ができなくなってしまうので、くれぐれもガイドラインに違反しないよう注意しましょう。

Googleビジネスプロフィールの回復方法

Googleビジネスプロフィールのアカウントを回復する方法は以下の通りです。

  1. 停止されたアカウントの「詳細」をクリック
  2. Googleビジネスプロフィールの回復をリクエスト
  3. 質問に回答して送信する

ただし、アカウントが回復できるのは基本的に1回のみと考えておきましょう。
2回目以降は回復するための条件が厳しくなるので、申請しても回復できない可能性があります。

第三者がガイドライン違反を
通告することができる

ガイドライン違反は、第三者でも通告できます。
通告する方法は以下の通りです。

  1. 「情報の修正を提案」をクリック
  2. 「名前またはその他の情報を変更」「休業、閉業、または削除」のどちらかを選択

ガイドライン違反にならない
ポイント

正確な情報の記載

正しい情報が記載されているか必ず確認しましょう。
ユーザーを集めたいからといって、嘘の情報や誇張した情報を掲載してはいけません

定期的に最新情報を更新すること

常に最新情報を記載できるように、定期的に見直すことが大切です。古い情報のままだと、ユーザーに誤った情報を伝えることになってしまいます。「営業時間」「住所・電話番号」「サービス内容」などは、特に気をつけましょう。

まとめ

ガイドラインに沿って情報を記載しないと、Googleやユーザーからの信頼を失ってしまいます。最悪の場合、アカウントが停止されてしまう恐れもありますので、きちんとガイドラインに沿って正しい情報を記載することが大切です。

Googleビジネスプロフィール
について
詳しく知る

目的別!
Googleビジネスプロフィールの

口コミ集客超効率化ツール3選
自分の店をGoogleマップで上位表示させるには、
口コミ収集が必須と言っても過言ではありません。
Googleビジネスプロフィールの口コミ収集に役立つツールを目的別にご紹介します。
少数店舗向け口コミ機能重視
質の高い口コミを
多く集めたいなら
ロカオプ
株式会社ロカオプ公式HP
画像引用元:株式会社ロカオプ公式HP
https://locaop.jp/
  • 店舗予約機能
  • 口コミ管理
  • 口コミ
    促進ツール
  • アンケート
    機能
  • SNS連携
主な機能
高評価のアンケート内容を
口コミとして投稿可能
QRコードからの
簡単入力フォームで投稿促進
予約客に自動で
リマインドメールを送信

ロカオプの機能詳細を
公式HPで見る

ロカオプに問い合わせる

ロカオプの特徴を
もっと見る

多店舗向け管理機能重視
複数の店舗情報を
一括更新したいなら
Canly
Canly公式HP
画像引用元:Canly公式HP
https://jp.can-ly.com/
  • 一括投稿機能
  • 一括予約投稿機能
  • 予約投稿機能
  • 口コミ管理
主な機能
全店舗の情報を
一括で管理・投稿可能
Googleビジネスプロフィール、SNS、公式HPの
情報を一括で更新
業務時間外でも投稿できる
予約投稿機能

Canlyの機能詳細を
公式HPで見る

Canlyの特徴を
もっと見る

多店舗向け口コミ機能重視
多数の口コミ投稿に
自動で返信したいなら
Janus
Janus公式HP
画像引用元:Janus公式HP
https://www.promost.co.jp/janus-gmbtool/
  • 一括予約投稿機能
  • 一括画像登録機能
  • 口コミへの
    自動返信
  • 口コミの
    自動取得
主な機能
口コミを評価の度合いに
合わせて自動返信
数百のアカウントを
グループ分けして管理可能
「写真」の
一括アップロード機能

Janusの機能詳細を
公式HPで見る

Janusに問い合わせる

Janusの特徴を
もっと見る

【選定基準】
ロカオプ:「MEO 業者」で検索し表示された上位48業者のうち、Googleビジネス プロフィールに対応した自社ツールを保有している14種から、口コミを効率よく集められるアンケート機能とSNS連携機能を搭載しているツール。
Canly:「MEO 業者」で検索し表示された上位48業者のうち、Googleビジネス プロフィールに対応した自社ツールを保有している14種から、一括投稿機能と一括予約投稿機能を搭載しており、店舗導入実績がもっとも多いツール。
Janus:「MEO 業者」で検索し表示された上位48業者のうち、Googleビジネス プロフィールに対応した自社ツールを保有している14種から、「写真」の一括アップロード機能と口コミへの自動返信を搭載しているツール。
(※2022年1月25日時点)