Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の口コミ集客【超効率化】ガイド
Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の口コミ集客【超効率化】ガイド » WEB担当なら知っておきたいMEO対策とは » Google
ビジネスプロフィールで
悪い口コミを削除する方法

Google
ビジネスプロフィールで
悪い口コミを削除する方法

目次

低評価や悪い口コミがあると、店舗や企業の印象が良くないので、できれば削除したいと思うでしょう。評価や口コミはMEO対策においても重要なので、しっかり管理・運営していきたいところです。こちらでは、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)で悪い口コミを削除する方法についてご紹介します。

Googleビジネスプロフィールで
星だけの低評価口コミを削除
するのは難しい

悪意のある場合や禁止コンテンツの場合のみ削除対象となるので、星だけの低評価や口コミを削除するのは難しいでしょう。星だけの評価の場合、悪意のある口コミなのかを判断するのは不可能なためです。星だけの低評価を削除するのは難しいですが、口コミであれば削除できる可能性があります。

削除依頼することが可能な
口コミの種類

スパムと虚偽コンテンツ

スパムとは、同じ内容の口コミを複数投稿すること。虚偽とは「事実とは違う内容を投稿し、店側の評価を下げようとする」ことを指します。例えば、事実とは異なる「料理に虫が入っていた」などの口コミは、虚偽になります。

関連性のないコンテンツ

店の内容やサービスとは関連性のない投稿のことです。関連性のない口コミは削除依頼をしましょう。

制限されているコンテンツ

アルコール・ギャンブル・タバコ・金融サービス・成人向けサービス・規制されている医薬品、健康器具など、規制対象になっている商品やサービスについての投稿のことを指します。ただし、メニューの写真やアルコール飲料の写真は対象外です。

違法なコンテンツ

著作権侵害・違法行為・暴力・違法・名誉毀損などを含む、商品やサービスについての投稿のことです。ネット上で拾った画像も対象になる可能性があります。

露骨な性的コンテンツ

露骨な性的コンテンツとは、性的な内容が含まれた画像や文章などのことです。

不適切なコンテンツ

不適切なコンテンツとは、わいせつ・不適切な言葉やジェスチャーなどを含んだ表現のことです。

危険なコンテンツおよび
中傷的なコンテンツ

危険なコンテンツおよび中傷的なコンテンツとは、脅す・中傷・差別などの内容を含んだ表現のことです。

なりすまし

なりすましとは、不正・虚偽・代表権限のない組織を関連付けた表示などのこと。従業員が客になりすまして高評価をつけたり、評価を強制したりしても該当します。

利害に関する問題

利害に関する問題は、自分のサービスに対する口コミ・勤務先についての掲載や、他社への評価を操作する投稿などのことです。

悪質な口コミの削除方法

オーナーとして削除依頼を申請する

オーナーとして削除依頼を申請する方法は、以下の手順です。

  1. Googleビジネスプロフィールから「ビジネスを管理」をクリック
  2. 「口コミ」をクリック
  3. 消去したい口コミを選択し「不適切な口コミとして報告」をクリック
  4. 自分のメールアドレスを入力したら「違反の種類」を選択して送信

オーナー権限を取得するには、ある程度の期間が必要です。
適正な管理・運営ができるように、事前にGoogleビジネスプロフィールに登録しておきましょう。

PCからビジネスオーナーとして削除依頼を申請する手順

①Googleビジネスプロフィールにログイン

PCから口コミ削除1

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

②ビジネスを管理をクリック

PCから口コミ削除2

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

③削除依頼を申請するビジネス情報をクリック

PCから口コミ削除3

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

④ダッシュボード内のクチコミをクリック

PCから口コミ削除4

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

⑤削除したい口コミの右にある三点リーダをクリック

PCから口コミ削除5

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

⑥不適切なクチコミとして報告をクリック

PCから口コミ削除6

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

⑦必要事項を入力して送信をクリック

PCから口コミ削除7

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

モバイルから削除依頼を申請する手順

ビジネスオーナーだと、モバイルからでも削除依頼を申請することができます。

①Googleビジネスプロフィールのアプリを開く

モバイルから口コミ削除1

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

②Googleアカウントでログイン

モバイルから口コミ削除2

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

③Vの箇所をタップ

モバイルから口コミ削除3

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

④削除依頼を申請するビジネス(地域)を選択

モバイルから口コミ削除4

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

⑤顧客をタップ

PCから口コミ削除5

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

⑥クチコミをタップ

モバイルから口コミ削除6

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

⑦削除したい口コミをタップして右にある三点リーダをタップ

モバイルから口コミ削除7

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

⑧不適切なクチコミとして報告をタップ

モバイルから口コミ削除8

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

⑨使用するアプリをタップ

モバイルから口コミ削除9

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

⑩必要事項を入力して送信をタップ

モバイルから口コミ削除10

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

第三者としてGoogleへ削除依頼を
申請する

オーナーでなくても、以下の手順で第三者として削除依頼を申請することが可能です。

  1. 「Googleのクチコミ」から消去したい口コミをクリック
  2. 「ポリシー違反を報告」をクリック
  3. 自分のメールアドレスを入力したら「違反の種類」を選択して送信

第三者として削除依頼する場合、Googleビジネスプロフィールへの登録は不要です。

こちらも画像でその手順を解説いたします。

①Google Chromeアプリを開く

②削除依頼を申請するビジネスを検索

上記の手順は省略します。

③Vの箇所をタップ

第三者として口コミ削除3

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

④クチコミをタップ

第三者として口コミ削除4

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

⑤削除したい口コミの右にある三点リーダをタップ

第三者として口コミ削除5

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

⑥クチコミを報告をタップ

第三者として口コミ削除6

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

⑥必要事項を入力して送信をタップ

第三者として口コミ削除7

画像引用元:SEM Plus
(https://sem-plus.com/negative-review/)

口コミが削除されない場合はGoogleのヘルプセンターに相談

口コミの削除依頼をしたとしても削除が行われない場合があります。この場合、依頼をしてから数日後に「Googleのポリシーに対する違反はありませんでした。このため、こちらの口コミは引き続き表示されます」といった連絡が入ります。この場合には、「Googleのヘルプセンター」に連絡をして相談をしてみましょう。場合によっては依頼が通って削除してもらえることもあります。

ただし、依頼が通る場合でもすぐに削除されるわけではなく1〜2ヶ月連絡がなく、その間は削除されないというケースもあるようですので気長に待つ必要があるといえるでしょう。また、ヘルプセンターへの削除依頼が却下された場合でも、申請の上限はありません。

Googleの口コミ削除は申請から何日かかるの?

削除依頼が認められた場合にはどれくらいの日数で口コミが削除されるのか、という点が気になる方もいるのではないでしょうか。

「不適切な口コミ」としての報告が行われると、まずはGoogleにてその口コミについて調査を行います。該当の口コミに関する審査は、数日から2・3週間かかることもあります。Googleのヘルプセンターに相談をした場合には、およそ1〜2ヶ月程度と考えておくと良いでしょう。

該当の口コミがGoogleのポリシーに違反していると認められた場合には口コミが削除されることになりますが、その場合にはGoogleから口コミ削除に関するメールが届きますので、チェックしておくと良いでしょう。

悪質な口コミの具体例

では、どのような口コミが「悪質な口コミ」とされているのでしょうか。ここでは、悪質な口コミとされる可能性がある口コミの例をいくつかご紹介していますので、どういったニュアンスのものが悪質な口コミとして見られる可能性があるのかを確認してみてください(ここで紹介している内容は実際の口コミを参考にした、フィクションです)。

飲食店への口コミ例

美容院への口コミ例

旅館・ホテルへの口コミ例

病院への口コミ例

削除できない口コミの対策方法

星だけの低評価は削除できないので、事前に対策を考えておきましょう。
Googleの評価は平均値なので、ユーザー一人ひとりを大切にしていくことが、良い対策方法といえるでしょう。

来店へのお礼をする

口コミの一つひとつに、来店してくれたことに対するお礼を返信として伝えましょう。良い評価をしてくれている口コミに対しても、評価が良いことへのお礼ではなく、来店に対するお礼を伝えた方が好印象です。

口コミを見ているユーザーは、これから利用しようか検討している見込み客のことが多いでしょう。そのような見込み客は、お店の対応を見ています。感謝の気持ちや謙虚な姿勢が感じられるコメントを見れば、お店への印象は悪くなりません。好印象のお店に悪い口コミがあったとしても、その口コミを書いた人の方に問題があると考える傾向があります。

また、悪い口コミを書いた人に対しても、来店へのお礼は必ず書きましょう。その上で、以下のような対処をしてください。

言い訳はしない

悪い口コミへの対処として、してはいけないことは「言い訳」です。書かれていることが事実なのであれば、真摯に受け止めましょう。口コミは、一般的に「普通」と感じた場合にはあえて書く人は少数です。感動したときか怒っているときに書くことが多いもの。悪い口コミは、怒っている可能性が高いです。怒っている人に対して言い訳をしてしまうと、怒りが大きくなってしまいます。

丁寧にお詫びを伝えた上で、どのように受け止めたのか、今後どのように改善するつもりなのかを返信するといいでしょう。自分の不満がきちんと伝われば、たいていの怒りは静まります。そして、その返信を見た他の人も、「このお店は丁寧な対応をするお店だ」と感じるでしょう。言い訳をしてしまうと、他の人から見ても利用したくないお店という印象になってしまいます。

投稿された順に丁寧に返信

口コミには、すべてに返信するのが基本です。このとき、投稿された順に返信するようにしましょう。投稿内容で返信の順番を決めるのではなく、投稿順に返信することで、平等な対応が感じられます。

返信するときは、丁寧な言葉遣いであることはもちろん、ひとつずつ、返信内容を考えて返信することが大切です。定型文での返信は、雑な印象であることはもちろん、場合によっては気持ち悪いとすら感じさせてしまうかもしれません。

Googleマイビジネスへの口コミ数は、そこまで多いものではないでしょう。しかし、お店の名前や業種で検索してくれた濃い見込み客が目にする場所であることから、ビジネスにとって非常に重要です。目の前にお客さんがいると思って、丁寧な対応を心がけましょう。

低評価で指摘された箇所を改善する

低評価が納得できる指摘だった場合は、積極的に改善しましょう。低評価をしたユーザーも、改善が見られることで誠意を感じてくれます。改善されると、口コミにもその点に関するコメントが書き込まれる可能性が高いです。マイビジネス内で改善の経過が分かると、信頼性がアップします。

もちろん、低評価の中には、経営上の無理難題が書かれることもあるでしょう。例えば、格安店なのに高級な設備を要求するようなものはその典型です。改善できないことやお店のコンセプトに合わない要求に対しては、希望に添えなかったことへのお詫びと努力する旨の返信程度で問題ありません。経営方針やコンセプトに共感してくれるお客さんを集客するべきです。対応すべき指摘の取捨選択は間違えないようにしましょう。

悪い口コミへの対策だけでなく良い口コミを増やすことも重要

低評価への対応は間違えないようにしたいですが、低評価対策だけをしているとお店の評価は上がりません。Googleマイビジネスの低評価が目立ってしまうのは、全体的に口コミ数が少ないからです。もちろん、数が多くても悪い口コミばかりでは意味がありません。しかし、たくさんある良い評価の中に少しだけ悪い口コミがある程度なら、口コミを見ているユーザーはあまり気にしないでしょう。

良い評価を増やすには、大きなコツがあります。それは、常連客に口コミを書いてもらうことです。口コミは一般的に、「普通に良い」と思っている声が書き込まれない傾向があります。特にGoogleマイビジネスは、お客さんが自分から検索してGoogleマイビジネスを見つけ、その中に書き込むという手間がかかります。そのため、感動したケースと最悪だと思ったケースのどちらかが書き込まれやすいです。常連客はあまり書き込みません。しかし、お店の良さを知っているのは常連客です。つまり、リピーターのお客さんに口コミを書いてもらう対策をしていきましょう。

お客さんに直接口コミを書いてほしいと頼むことが、最も有効です。口コミを書いてもらえると嬉しいのだと伝えれば、時間が空いたときに思い出して書いてくれる人が増えるでしょう。

しかし、単に書いてほしいと頼むだけだと、お客さんにとっては手間です。そこで活用したいのが、QRコード。ショップカードのようなものにQRコードを印刷しておき、スマホから読み取れば簡単に投稿できるようにしてあげましょう。お店側がひと手間かければ、お客さんの手間を省けます。また、SMSに口コミ投稿欄のURLを添付して投稿のお願いをするのも良い方法です。そのままタップすれば口コミを投稿できます。

口コミには、必ず返信してください。返信がない投稿は寂しいです。毎回必ず返信されていれば、口コミに対するお店のポジティブな姿勢も感じられ、口コミを投稿しようと思ってもらいやすいでしょう。

まとめ

星だけの低評価や口コミは基本的には削除できません。低評価への対策を行い、管理・運営していくことで、企業や店の評価が大きく変わっていくでしょう。評価や口コミは、MEO対策としても効果的なので、管理・運営をしっかり続けることが、ユーザー獲得に繋がるでしょう。

MEO対策について詳しく知る

目的別!
Googleビジネスプロフィールの

口コミ集客超効率化ツール3選
自分の店をGoogleマップで上位表示させるには、
口コミ収集が必須と言っても過言ではありません。
Googleビジネスプロフィールの口コミ収集に役立つツールを目的別にご紹介します。
少数店舗向け口コミ機能重視
質の高い口コミを
多く集めたいなら
ロカオプ
株式会社ロカオプ公式HP
画像引用元:株式会社ロカオプ公式HP
https://locaop.jp/
  • 店舗予約機能
  • 口コミ管理
  • 口コミ
    促進ツール
  • アンケート
    機能
  • SNS連携
主な機能
高評価のアンケート内容を
口コミとして投稿可能
QRコードからの
簡単入力フォームで投稿促進
予約客に自動で
リマインドメールを送信

ロカオプの機能詳細を
公式HPで見る

ロカオプに問い合わせる

ロカオプの特徴を
もっと見る

多店舗向け管理機能重視
複数の店舗情報を
一括更新したいなら
Canly
Canly公式HP
画像引用元:Canly公式HP
https://jp.can-ly.com/
  • 一括投稿機能
  • 一括予約投稿機能
  • 予約投稿機能
  • 口コミ管理
主な機能
全店舗の情報を
一括で管理・投稿可能
Googleビジネスプロフィール、SNS、公式HPの
情報を一括で更新
業務時間外でも投稿できる
予約投稿機能

Canlyの機能詳細を
公式HPで見る

Canlyの特徴を
もっと見る

多店舗向け口コミ機能重視
多数の口コミ投稿に
自動で返信したいなら
Janus
Janus公式HP
画像引用元:Janus公式HP
https://www.promost.co.jp/janus-gmbtool/
  • 一括予約投稿機能
  • 一括画像登録機能
  • 口コミへの
    自動返信
  • 口コミの
    自動取得
主な機能
口コミを評価の度合いに
合わせて自動返信
数百のアカウントを
グループ分けして管理可能
「写真」の
一括アップロード機能

Janusの機能詳細を
公式HPで見る

Janusに問い合わせる

Janusの特徴を
もっと見る

【選定基準】
ロカオプ:「MEO 業者」で検索し表示された上位48業者のうち、Googleビジネス プロフィールに対応した自社ツールを保有している14種から、口コミを効率よく集められるアンケート機能とSNS連携機能を搭載しているツール。
Canly:「MEO 業者」で検索し表示された上位48業者のうち、Googleビジネス プロフィールに対応した自社ツールを保有している14種から、一括投稿機能と一括予約投稿機能を搭載しており、店舗導入実績がもっとも多いツール。
Janus:「MEO 業者」で検索し表示された上位48業者のうち、Googleビジネス プロフィールに対応した自社ツールを保有している14種から、「写真」の一括アップロード機能と口コミへの自動返信を搭載しているツール。
(※2022年1月25日時点)